みさきちゃんのMR探偵学校入学体験記 後編

MR探偵学校トップ >> MR探偵学校入学体験記

MR探偵学校入学体験記 後編

「大好きなお姉ちゃんの婚約者、
どうも行動がアヤシイ……!?
」お姉ちゃんのピンチ(?)を救うため、
みさきちゃんは探偵テクニックを身に
着けるべくMR探偵学校へ! 
張り込み、尾行などなど探偵の基礎テクニックを学んだみさきちゃん、いよいよ現場でのトレーニングに挑戦です!

 探偵としての調査は、探偵とはどんな職業なのかを定めた「探偵業法」に従って行う必要があります。探偵の基本・張り込みでもっとも大切なのは、対象者の特徴をしっかり捉えておくこと。尾行を行う場合は、決して目を離さないことが大切です。カメラを使って、証拠写真を押さえることも大切。聞き込みでは、周囲の人に怪しまれずに生の情報を集めましょう。

 まずは聞き込みからスタートです。先生を対象者ということにして、周囲の皆さんに聞き込みしてみましょう。
聞き込みを行う場合には、キャラクター付けが大切。今回、みさきちゃんは「TV番組のAD」に変身してみました!
「今度このあたりの街を特集する番組をつくるんですけど、ちょっとお話を……」
おお、みさきちゃんなかなかやるね!
 「このお店って、お客さんの入り具合はどうですか?」
……そしてついに、
「さっきのあの人、よく見かけます?」
対象者の情報聞き込みに成功! でかした、みさきちゃん!

聞き込みで得られた情報を元に、張り込みスタート! 建物から出てくる対象者を見張ります。この時、建物の正面に立つのではなく、建物の出入り口を視界に入れつつ、対象者の目線が届かないポジションからしっかりと観察します。対象者が出てきたらいよいよ尾行スタート、ですが……。

張り込み中は携帯電話をチェックするフリ、看板やポスターを見るフリなど、街の風景に溶け込むように!

「おっ、あれは!」張り込み開始から1時間、いよいよ対象者が出てきました! 相手は尾行には気づいていない様子。10~15mの距離を保ちつつ、慎重に……。 「相手が立ち止まった時は、タイミングをずらしてこちらもストップ。立て看板を見るフリなどをしてやり過ごしましょう」(瀬尾先生) 探偵の仕事は「証拠をつかむこと」ですから、尾行もただ相手について歩くだけではなく、証拠の映像を撮影しながら尾行しなければいけません。

「突然立ち止まる、Uターンするなど、相手がいきなり違う行動を起こした場合、こちらが同じタイミングで動いてはいけません。よけい目立ってしまいますよ」

座学で勉強したとおり、セオリーを守って尾行を続けるみさきちゃん。これなら文句なし、100点満点の尾行~♪ 
と思ったら!
一瞬の油断で対象者の姿を見失った! 
どこを見ても見当たらない、いったいどこに……。
これが探偵としての最大の失敗、「失尾」なのです!

失尾を避けるために、目を離さないことはもちろん「タクシーに乗られたら」「建物に入られたら」「エレベーターに乗られたら」など、あらゆる状況への対処法を考えておく必要があります。

「今回は、対象者から目を離したスキに曲がり角に入られてしまうという基本的なミスでしたね。曲がり角や交差点に差し掛かったら、対象者との距離をつめて急な動きにも対応できるようにしておく必要があります」
 でも、近づいたらバレちゃうんじゃないですか?
「いきなり尾行がバレる、ということは基本的にはまずありません。それ以前に尾行者が不自然な行動をとっていれば別ですけどね(笑)、特に繁華街の場合は、いちいち他人の顔や姿は見ませんから、近づくリスクよりも失尾しないようにすることが大切です」
 なるほど、大胆にかつ繊細に! これが尾行の極意なんですね!

探偵学校を運営している株式会社MRの
取材・番組制作協力実績

ラジオ日本 宗万真弓の未来相談室
毎月各界の著名人がゲスト出演中!
  • ラジオ日本:ゲスト小柳ルミ子さん
    ラジオ日本:ゲスト小柳ルミ子さん<br>(2011年3月より放送開始予定です)
  • ラジオ日本:ゲスト八代亜紀さん
    ラジオ日本:ゲスト八代亜紀さん
  • ラジオ日本:ゲスト哀川翔さん
    ラジオ日本:ゲスト哀川翔さん
MR探偵学校ブログ

MR探偵学校
関連サイト

THE 探偵日記 浮気チェックガイドブック 国家公安委員会